読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mercedes-Benz AMG ベンツを語る

色々なベンツ車両を紹介します。

C63S AMG 


IMG_1216aaIMG_1217



IMG_1224IMG_1220aaa



本日はC63S Edition 1 試乗の様子をご紹介します。

C63 C63Sとラインナップも揃い限定モデルのEdition 1の受付も開始されました。

価格はC63 1195万 C63S 1325万 Edition 1 100万プラスです。
6.2 NAからダウンサイジングされ4L V8 ツインターボ搭載。 C63 476PS C63S 510PS。
0-100m 4秒 先にデビューしたAMG GTとスペックはほぼ一緒です。
前期モデルに無った装備としてRACEモード サーキット走行時かなり激しいサウンドを奏でるそうです。


へッドアップディスプレイ ちょっと古いですがフロントウインドウに表示されます。
トランクリッド/テールゲート 先にSLなどに装備された手を触れずに足でもトランクが開閉できます。
パット見は前期モデルに比べ少し小さく見え厳い感じは無いです。
たぶんボンネットの形状とフロントの丸みが違うのでそう見えてしまうのかな。

それでは試乗してみます。

内装はここの所のAMG内装で私は新しさは感じませんでした。
シートは少し固めですがホールド感は良い感じです。
Sプラスで走行します。


V8ボロ~ロのサウンドはAMG GTより抑え目な感じします。
足は突き上げ感も無く良い感じですね。
硬くもなく柔らかくも無く良い感じで路面を捉えています。
ステアリングの感じも良いです。


バランスは非常に良いです。
ホイルスピンしてしまいますが0からベタ踏みしてみます。
ちょっとタイムラグを感じますね・・・場所が場所なのでこれ以上は・・・
6000回転位回しましたがすんなり回っていきますが・・・・・
体感は4秒の感じしません。


遅い感じ・・・・前モデルの方が体感はあります。
つまりバランス良すぎて出来すぎ・・・ちょっとつまらない・・・
車好きには少し物足り無い感じですかね。


最近の車は誰が乗っても速い止まる・・高額なスパーカーもそうです。
でも今までC63の購入者はきっとあの暴力的と言うか荒々しい63が良った。
私はそうでした。


新型C63は全てがまとまり過ぎて私はイマイチでした。
ここの所のAMGはやはりF1の流れで速い優秀・・・でもF1好きからするとつまらない・・・って感じですかね。
2020年迄にはF1も元のように爆音を響かせて走るようになるらしいですが・・・早くな~れ・・・・・