読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mercedes-Benz AMG ベンツを語る

色々なベンツ車両を紹介します。

C63S AMG 


IMG_1216aaIMG_1217



IMG_1224IMG_1220aaa



本日はC63S Edition 1 試乗の様子をご紹介します。

C63 C63Sとラインナップも揃い限定モデルのEdition 1の受付も開始されました。

価格はC63 1195万 C63S 1325万 Edition 1 100万プラスです。
6.2 NAからダウンサイジングされ4L V8 ツインターボ搭載。 C63 476PS C63S 510PS。
0-100m 4秒 先にデビューしたAMG GTとスペックはほぼ一緒です。
前期モデルに無った装備としてRACEモード サーキット走行時かなり激しいサウンドを奏でるそうです。


へッドアップディスプレイ ちょっと古いですがフロントウインドウに表示されます。
トランクリッド/テールゲート 先にSLなどに装備された手を触れずに足でもトランクが開閉できます。
パット見は前期モデルに比べ少し小さく見え厳い感じは無いです。
たぶんボンネットの形状とフロントの丸みが違うのでそう見えてしまうのかな。

それでは試乗してみます。

内装はここの所のAMG内装で私は新しさは感じませんでした。
シートは少し固めですがホールド感は良い感じです。
Sプラスで走行します。


V8ボロ~ロのサウンドはAMG GTより抑え目な感じします。
足は突き上げ感も無く良い感じですね。
硬くもなく柔らかくも無く良い感じで路面を捉えています。
ステアリングの感じも良いです。


バランスは非常に良いです。
ホイルスピンしてしまいますが0からベタ踏みしてみます。
ちょっとタイムラグを感じますね・・・場所が場所なのでこれ以上は・・・
6000回転位回しましたがすんなり回っていきますが・・・・・
体感は4秒の感じしません。


遅い感じ・・・・前モデルの方が体感はあります。
つまりバランス良すぎて出来すぎ・・・ちょっとつまらない・・・
車好きには少し物足り無い感じですかね。


最近の車は誰が乗っても速い止まる・・高額なスパーカーもそうです。
でも今までC63の購入者はきっとあの暴力的と言うか荒々しい63が良った。
私はそうでした。


新型C63は全てがまとまり過ぎて私はイマイチでした。
ここの所のAMGはやはりF1の流れで速い優秀・・・でもF1好きからするとつまらない・・・って感じですかね。
2020年迄にはF1も元のように爆音を響かせて走るようになるらしいですが・・・早くな~れ・・・・・

 

 

AMG GT 試乗

本日は前回AMG GTの紹介をしましたが試乗会に行って来ました。

IMG_1146aaa

IMG_1148aaa

IMG_1144aaa

SLSの後継モデルとしてデビューしたGT GTSですが価格は1000万安で1600万~
フロントマスクはSLSより私はカッコイイと思います。
少し小ぶりですね。

では試乗します。
ドアの開閉は非常に軽いです。
最近の新しいモデルは比較的軽めが多いですね。
イグニッションON SLSより軽い音 AMGサウンドですがアイドリング時も軽いサウンドです。
AMG V8の低い音ボロ~ロンとは少し違いますね。
室内におけるエンジン音造りは良い感じです。
内装は新型のベンツ・AMG の内装で余りニューと言うイメージは私は感じられなかったです。
足の感じはSLSより突き上げゴツゴツ感は無く街乗りもOKですね。
S+で走行していますがこの軽めのサウンド、エンジン音、排気音、意外と良いです。
ちょっとうるさい感じに思う方もいるかもしれませんが私は好きです。
一般道試乗なので速度は余り出せませんが200km位までの伸びは良い感じだとおもいます。
たぶん6000回転手前まではすんなり回る感じしますがそれ以上はもたつく感有ります。
高回転側がちょっと気になる感じでスムーズに伸びて行く感じでは無いです。
最近の新型車両は高回転域オバーレブしない設定になっていると思いますので・・・・
ちょっと私的には不満ですね。
レッドゾーン迄すんなり回るのが好きです。
ステアリング性能、足回り、サウンド、居住性、合格点です。
スポーツカーらしいライトウエイト感もあり良いですね。
余り気も使わず乗れる感じで良いです。  
SLSの後継モデルとしてはちょっと違うかな・・・・
でもここのところのAMG新型車両の中ではちょっと違う感じ乗り味出してて良いです。

 

AMG GT GTS

2015年4月15日六本木ハイアットホテルでAMG GT GTSの発表会が有りました。
持ち込まれた車両はGT一台日本限定30台の物です。
色はダイヤモンドホワイト屋根とリヤウイング(固定式)の部分がカーボン使用の物です。
価格は2000万円。
IMG_9083IMG_8868
IMG_8019IMG_7723

もう一台の車両はGTSです。
色はAMGソーラービームと言う特別色イエローの物です。
カーボンブレーキ装着車です。
4LV8ツインターボ510ps0~100 3.8秒。

SLSの後継モデルとして発表され今季FIのセーフティカーとして活躍してますので
テレビ画面で見るチャンスは有ると思います。
SLS63がNA自然吸気6.2Lに対して後継モデルは4Lツインターボ
どのメーカーもエンジンをダウンサイジングしターボなどの過給機を付けてパワーを上げるのが
支流です。
AMGも新しく発表される車両は全てこのスタイルですね。
最近のターボーは昔のドッカンターボと違い下から吹き上がりますから性能良いですよ。
NA好きな方でもサウンド的には違いがあると思いますが伸びに関しては最近のターボ
車両はさほど違和感は感じ無いと思います。

SLSより見た目ノーズも短く乗りやすい感じです。
スポーツカーとしてはトランクルームが広くゴルフバック2個が入リます。
ここはすごく良いですね。
ただリアはまさに991のパクリ?ぐらい似ているイメージ・・・・・残念・・・・
価格はノーマルで1600万~
持ち込まれた車両は2200万円です。
対抗馬はポルシェ911カレラ991タイプらしいですがちょっと難しいかな・・・
価格帯は1600万円で同じですが・・・・

評価するとするとSLSよりノーズ短いので取り回ししやすく価格は1000万安ですから
オススメですけど・・・・・
私的にはちょっと中途半端で微妙な感じですかね。
試乗していないのでまだ判らない部分多すぎますね。
1号車は9月位だそうです。

IMG_7508IMG_0880
IMG_6880IMG_5329

 

A45 エディションⅠ

f:id:amg6311:20160701191221j:plain

f:id:amg6311:20160701191239j:plain

今回はA45です。
Mercdes Benz 初のFFであり最小モデルです。
Aクラスと言えばベンツではないよとか言われてきたAクラスです。
今回のモデルは3代目AクラスのAMGモデルです。


1997年初代から2代目モデル迄私もAクラスはベンツではないと思っておりました。
3代目になり外観のスポーティさデザインまあ~良く成ったかな~。
2014年45AMGがデビューし面白そうかなって感じを受けました。

スペックを見ると凄いではありませんか。
2L 直噴ターボ 360馬力 最高出力450 最大トルク45.9チビのくせに中々です。
0~100 4.6秒 2Lとしては最速・・・・凄い・・・・・

今回のエディションⅠの外観はノーマル45と比べ派手目のスタイルです。
フロントスポイラー・サイド リアスカート リアスポイラー(リアウイング)これはこれで
カッコ良いかなって感じですかね。

内装も赤のストライプが入り良いですね。
セミバケも良い感じホールド感も良いですよ。
足の感じは思ったよりガチガチでは無く意外と路面吸収して良い感じのできです。
サウンド的にはここのところのAMGサウンドドカンドカンと変速時音を発てる感じ・・・・・
私好きですけどね。

45シリーズの中ではA45 CLA45 GLA45がありますがAが一番でCLAはダメですかね。

このボディーサイズなのでゴーカートチックで遊べます。
かなり速い感じを受けますよ。小型ですから。
とわ言ってもやはり速い面白い車です。

ただ問題はAでありながらこの値段700万円を超えます?????
EditionⅠの後にペトロナスEdition約900万 EditionⅡ750万円・・・・・
世界に1台とか言う全てペトロナスグリーン一色のA45 何と1300万円・・・・
私はガチャピン45と呼んでますが・・・・・
バージョン出しすぎですよ。

でもA45面白いです。

 

E350 カブリオレ

f:id:amg6311:20160701190016j:plain

本日はE350 カブリオレに付いて・・・・・
余り都内で姿は観ませんが・・・・・

2014年6月一部改良され 250 350 そして今年400 とラインナップが揃いました。
今回は350のご紹介です。

ダン、クーペと比べカブリオレはスタイルが良いです。
前から見ても後ろから見てもここのところのMercedesの中では一番スタイルカッコイイですね。

価格は1000万弱・・・高いか安いか???

このモデルはトップが紺、内装も白紺でセンス良い・・・
外観内装とも良いですね。
オープン時のスタイルもイイ線イッテます。


シートは少し固めですね。
オープン時風の巻き込みを軽減する為のアイテムが付いておりますが、
まず4人乗りスペース車内空間の問題で効果薄い感じ・・・
速度域が80km以上超えるとほぼダメです。


そもそも巻き込み軽減アイテムは2シーター2人乗りの為に作られた物ですので、
4人乗りには適さないと思います。
この手の車はオープン時は1人で乗られるか速度を余り上げない方が良いですよ。
お隣に女性が乗られていると髪が宙舞います。

この車は装備盛沢山です。
中でも前後ろにカメラを装着しているのでセンターラインを少し超えたりするとステアがブルブル。


横に車が近づけば警告、前の車に近づけば警告後ろが近づけば警告。
警告だらけ・・・・・・ アクティブレーンキーピングアシスト
便利なのでしょうが私はチョットチョットって感じですかね・・・・・

後はクルーズコントロール 可変スピードリミッター
今までのクルーズコントロールよりかなり優れ者です。
速度域もかなり高くまでセットでき200km以上迄・・・・・
前車を追従し減速し止まる普通の感じですが微妙なタッチと言うか減速加速良い感じです。


でもここだけは注意してください。
例えば一般道で速度60kmセットし渋滞が解消した場合前車を追従するすステムですから
前がいなくなるとコーナーであろうとかなりの勢いで加速します。
アラアラって感じ・・・直ぐブレーキ踏んでください解除しますから。

乗り味は踏めば早い・・・マッタリ・・・装備盛盛・・・
ここのろころのMercedesは音 振動少なく楽ちんですかね。
通勤にはベストです。


年齢少し高めの人ですとかゆっくり走りたい方かなりオススメです。
スタイル走り共に上品な車に仕上っています。
サウンドを求めたい方は▲です。

 

C63 AMG パフォーマンスプラス

f:id:amg6311:20160701184540j:plain

前回のCLS55と比較すると見た目はかなりタイトな感じアグレッシブな走りを想像させてくれます。

エンジンも過給機付きに対しNA自然吸気。

0~100 最高速も対した差はありませんがやはり速度の伸び方が違いますね。
又エンジン音排気音私はNAの方が好きです。
現在のエンジンはダウンサイジングしターボが支流のようですがやはりサウンドはNAです。

AMG最後のNA6.2かなり良い感じです。


CLSと比べるとラグジュアリー性はなく、内装はイマイチですね。
シートは良い感じです。

このモデルはパフォーマンスプラス当時日本限定25台のようでしたので内装ダッッシュボードなども革でこの内装は良いかな。

走りはやはり足固め剛性は今まで乗ったAMGの中でも高い感じを受けます。
コーナー侵入時べッタと良い感じです。
CLSよりホイルベースも短いので突き上げ感が有ります。


かなり遊べる車でCLSよりかなり早い感じですね。
テクニカルコーナーがある道でしたら面白いです。

難点はドライサンプ方式なのでオイルがかなり減ります。
タイヤの減りも激しですかね、まあそれは乗り方の問題ですかね?

この時の対抗馬は M3V8 タイトでアグレッシブさがやはりC63の方があって私は好きです。
M3はやはり6気筒かな現在M3は6気筒に戻りましたよね。


今日に於いてはAMGのNAはSLSとC63だけですからSLSも生産は終了してしまい残すはC63のみです。
ガソリンオイルを食いますが楽しい車です。

 

CLS55 AMG

f:id:amg6311:20160701174842j:plain

f:id:amg6311:20160701174857j:plain

 
 
私とAMGとの出会いは確か2004年でした。

CLS55が発表されSクラスに乗っていた私は,

今までのベンツのスタイルとは違うスポーティさと斬新なスタイルに魅了されたのを覚えております。

 

 


AMGもMercedesもこの年代以降かなり上昇気流に乗りだした感じを受けました。

対抗馬と位置づけられていたBMW M5の良さも感じております。

 
CLS55と比較して0~100 最高速 居住性、価格差、さぼど変わらず・・・


M5はモードレンジが沢山あってチョットややこしいぐらいですかね。

やはり私好みのスタイルはSLSに軍配があがりました。
共に当時を代表する素晴らしい車だと思います。☆★☆★

あれから数々のAMGを乗り変えAMGアカデミーにも幾度となく参加させていただきAMGの良さを感じております。


このAMGアカデミースクールですが良いですよ。
値段は高いか安いかは価値観の問題ですが・・・・・・
色々なメーカーのスクール、走行会がありますがAMGスクールに参

 

加する方は上品な方が多いです。
無茶な事する方も余りいません。
私はチット位無茶したいですけど・・・

Mercedesは高級車の位置を維持し誰でも乗れる乗りやすい車、使いやすい車を目指し頑張ってます。

AMGはそのベース車両を元に馬力UPブレーキを始めとする足回りの強化、AMG専用車もありますがかなりパワフルな感じです。


乗ってて楽しい加速と減速、サウンド、本当に楽しいですよ。
今の車はサウンドも作ってますから少し不満ですけどAMGのサウンド好きです。

AMGもMそうですがベース車両とはまるで別物の出来で良い感じですが。
残念な点は1500万円を超える車でありながらベース車両が乗用車ですので仕方ないのかもしれませんが・・・・・・・
エンジンパワーはあげ足回りブレーキの強化だけで細かな点・・・

直進安定性OK、コーナリング性は▲
速度域の問題、車両の重さも問題もありますから仕方がないかな・・・・・・

スポーツカー(ポルシェ)のように専用設計されたものではないのでパワーを上げれば足を固くセッティングする。
居住性も当然悪くなる。

でもあの加速感、車重を感じながらのコーナリング、実際は余り重さ感じませんよ。
エンジンパワーの方が勝ってます。


首都高のきつめのコーナー150ちょつと怖~
マッスルカーではありませんが少しそんあ感じありますかね。


オクタン価高いガソリン与えていると良い音になりますよ。
ビュンビュン加速気持ち良いで~す。